ニキビケア化粧品の口コミおすすめランキング

ニキビケア化粧品の口コミおすすめランキング

絶対に美肌を手に入れたい人のためのニキビ化粧品総合ガイド

ニキビケア化粧品の総合ランキングはこちら

洗顔石鹸部門 BEST1
薬用VC泡フォーマー
アミノ酸系の洗浄成分でニキビを修復し、肌質も改善するビタミンCと代謝を促進するビタミンA・E、植物由来エキス4種入り。
こちらをクリック
クレンジング部門 BEST1
クレンジングウォーター
100%オイルフリーの、ウォータータイプのメイク落とし。コットンにひたして肌と馴染ませるだけで簡単にメイクが落ちます。
こちらをクリック
化粧水部門 BEST1
VCローション
ニキビを良化させるとともに、肌質を根本から健康な肌へと変える「アダルト・アクネ・アンサー」処方を採用。
こちらをクリック
美容液部門 BEST1
Cセラム
QuSomeを採用したビタミンCで浸透力が高いので、肌の奥の細胞を元気にし、乾燥や肌荒れ知らずの肌をつくりあげてくれます。
こちらをクリック
乳液・クリーム部門 BEST1
VCビタール
皮膚科処方に近い成分を採用しているVCシリーズのクリーム。ニキビや吹き出物のために開発されており、ニキビ痕にも効果大。
こちらをクリック

ニキビって何なの?

ニキビは毛穴に起きる炎症性疾患です。毛穴の皮脂詰まりや皮脂の酸化、炎症を起こして膿が溜まる、赤くなり痛みを伴うなどの症状があります。大人ニキビと思春期ニキビで原因が異なり、思春期ニキビはホルモンの影響で皮脂分泌が増えることで起きやすくなりますが、大人ニキビは肌の乾燥や皮脂の分泌不調などが原因で起こることが多くあります。

ニキビが発生する内的原因と外的原因

ニキビが発生する要因には体内部の原因と外部からの刺激が考えられます。どういったものがあるのか見てみましょう。

内的原因

ストレス・不摂生・睡眠不足・便秘など主な要因になっています。その他、生理前後などホルモンバランスが崩れたときにも起きやすくなります。

外的原因

メイクや汚れた手での刺激、汗や汚れはもちろんですが、血管収縮効果のあるタバコなどもニキビを起こしやすくします。紫外線や誤った洗顔・スキンケア、化粧品が影響することもあります。

年齢別ニキビ対策

年齢別でニキビの原因は異なります。肌タイプ、原因などを考え、年齢に合わせて適切なニキビケア化粧品などを取り入れましょう。

10代の肌ケア

10代ニキビは過剰な皮脂分泌が影響するので、低刺激で摩擦を起こしにくい泡洗顔を取り入れるのが肌ケアのポイントです。多めの泡で包むように洗い、洗顔料が残らないように流して保湿することが大切です。

20代の肌ケア

20代ニキビはホルモンバランスの崩れと不摂生による栄養不足が考えられます。メイクなども影響するので、自分の肌質にあったスキンケア・化粧品を選び、きちんと毎日の洗顔・睡眠・食事で対処するようにしましょう。

30代の肌ケア

肌のターンオーバーや保水力が低下しての乾燥など、肌の機能が衰えがちになることからニキビが起きやすくなります。適切なスキンケアで保湿し、ターンオーバーを正常化させる効果のある栄養を肌に供給する必要があります。

 

決定! ニキビケア化粧品口コミランキングBEST5

ニキビ治療の大きな味方になってくれる、ニキビケア専用の化粧品。さまざまな種類の中から、特に人気の高いシリーズを徹底調査し、ランキングにまとめてみました

  • 注目のニキビケア成分

    化粧品選びの最大のポイント!

    どのようにニキビへアプローチするのか、チェックしてみました。

  • その他の美肌成分

    ニキビには殺菌・角質ケア・保湿など、多角的なケアが必要不可欠です。ニキビを繰り返さないためにも、ターンオーバーを促進する成分が含まれていると◎

  • 肌への優しさ

    毎日使用するスキンケアアイテムだからこそ、肌を傷めることがないよう、ぜひともチェックしたいポイントです。

思春期ニキビ・大人ニキビそれぞれのへ口コミも調査しました。化粧品選びの参考にしていただければ幸いです。

第1位 シーボディ VCシリーズ

第1位 シーボディ VCシリーズ

【トライアルセット】

オススメ スターターセット(800円※3月末までの限定価格)

【ライン:3アイテム】

薬用VC泡フォーマー(洗顔料)、VCローション(化粧水)、VCビタール(クリーム)

詳しくはこちら

注目のニキビケア成分

★★★★★

最新型のビタミンC誘導体「Funcos C-IS」

見込まれる効果:皮脂の分泌を正しく整える、保湿、体をサビにくくする

「Funcos C-IS」は、肌に浸透すると素早くビタミンCへ変化し、最上の効果をもたらしてくれます。

浸透力も非常に高く、その効果は他のビタミンC誘導体の200倍とも。

その他の美肌成分

★★★★★

ターンオーバー:ビタミンA・E

殺菌・角質軟化:サリチル酸

抗炎症・肌荒れ防止・殺菌・保湿:カンゾウ根、オトギリソウ、オウバク、セイヨウハッカ葉、オウレン

肌への優しさ

★★★★★

パラベン、アルコール、石油系界面活性剤、鉱物油、合成香料不使用、無着色
シーボディ VCシリーズの口コミ
思春期ニキビ
  • 使って1日目でニキビの赤みが引きました。サッパリしているけど潤いもあるローションの後に、クリームでモチモチに!

  • ニキビも減り乾燥肌も治りました!こんなに効果を実感できるのは初めてなので、ずっと使い続けたいです。

  • 洗顔、ローション、クリームと手間いらずのケアなので、毎日続けられます。3アイテムだけなので、値段の心配がないこともプラスな点です。

大人ニキビ
  • ニキビもそうですが、ニキビ痕も消えてきました。肌を褒められることが多くなってきました。

  • 不規則な生活でできていたニキビが改善され、予防や治りも早くなってきました。肌質が整ってきたのだと思います。

  • 肌の治癒力が上がり、毛穴レスのツヤ肌になりました。敏感肌だったのでちょっと心配でしたが、肌荒れはおこっていません。

1.返品・交換に関する対応

返品・交換は、商品が届いてから原則7日以内の対応となっています。商品に不備があったり、中身が別の商品であったりする場合、送料は会社の方で負担します。

しかし、お客様の事情により商品を返品・交換したい場合は、ご自身で送料を負担してもらいますのでご了承ください。また、未開封であること、破損や汚れがないことなどの注意点を守っていただければ対応することが可能です。

2.安全性に関する対応

シーボディは、安全度の高い日本製の商品を販売しています。配合成分にもこだわって作られているため、肌への負担も少ないのが特徴です。

20年以上に渡って独自の研究を進めており、その時代に寄り添った商品開発を目指して日々取り組んでいます。

3.原産・素材

シーボディのVCシリーズは、肌に負担をかけないケアができるように化粧水・美容液共にビタミン成分を豊富に取り入れています。ビタミンC誘導体やハチミツなどを配合しているので、肌トラブルの原因となる乾燥を防ぐことができるでしょう。

全て科学的な根拠のある成分を使用していますので、確かな安全性を持った商品だといえます。

第2位 オルビス クリアシリーズ

第2位 オルビス クリアシリーズ

【トライアルセット】

ミニクリアセット(1,680円)

【ライン:5アイテム】

クリアウォッシュ(洗顔料)、クリアローション(化粧水)、クリアモイスチャー(保湿液)、クリアホワイトエッセンス(美容液)、クリアモイストチャージジェル(美容ジェル)

詳しくはこちら

注目のニキビケア成分

★★★★☆

グリチルリチン酸ジカリウム

見込まれる効果:デトックス、炎症を抑える

和漢ともつながりの深い甘草由来成分を配合。抗炎症作用がある他、デトックス効果も高いといわれており、ニキビで荒れた肌を整えます。

その他の美肌成分

★★★☆☆

抗炎症・殺菌・保湿:真珠エキス、霊芝エキス、高麗人参エキスなどの和漢成分

肌への優しさ

★★★★★

無油分、無香料、無着色、界面活性剤不使用。アレルギーテスト済み。
オルビス クリアシリーズの口コミ
思春期ニキビ
  • 使い始めてから、ニキビが治るのが早くなりました。さっぱりとしたつけ心地も◎

  • 浸透するのが速くて心地いいです。ニキビはできにくくなったし、しっかり保湿されているので、肌がキレイになりました。

大人ニキビ
  • さっぱりタイプを使っていますが、しっかり保湿できています。洗顔も泡立ちが良く、サッパリして気持ち良いです!

  • 1週間使ってみたところ、ニキビ予防になっています。それだけでなく肌に透明感も出てきました。美白効果もあるのかもしれません。

  • 軽いつけ心地ですが、潤いは充分。ニキビができにくくなりました。価格のわりに、いい仕事をしてくれます。

1.返品・交換に関する対応

オルビスは、お客様に商品をじっくり試してもらいたいという思いから、注文後30日以内であれば開封していても返品・交換を承っています。

返品・交換をする際は、専用のフリーダイヤルにお問い合わせください。連絡が完了したら、商品と一緒に同封した「返品受付票」、「返送宛先ラベル」を返送する商品に入れ、発送準備をしましょう。発送にかかる送料は、オルビス側が負担します。

2.安全性に関する対応

オルビスでは徹底した商品の安全性を守るため、徹底した品質管理を行っています。

商品を製造するときは、スタッフ全員帽子やマスクを着用し、エアシャワーで作業服を除菌、作業場内に虫や異物が入らないように入り口を二重扉にするなど、お客様に安心して商品を使ってもらえるように努力を重ねています。

また、配合成分や目的が一目で分かるように成分表記を記載していますので、自分の肌に合わない成分などをきちんと確認することができます。

3.原産・素材

オルビスでは、法律で規定されている化粧品の原料選定基準の他に、自社で考案した品質基準を導入しています。

学術的に公表されている情報や、長期間に亘って自社内で行った研究結果を元に選定基準を決めていますので、とても厳しくチェックしています。

アレルギー物質の確認や残留農薬の有無などもしっかりチェックしているので、安心して使用することができるでしょう。

第3位 ビーグレン

第3位 ビーグレン

【トライアルセット】

トライアルセット(1,890円)

【ライン:3アイテム】

クレイ・クレンジングクリーム(クレンジング)、クレイローション(化粧水)、Cセラム(美容液)

詳しくはこちら

注目のニキビケア成分

★★★★☆

天然クレイ

期待できる効果:皮脂や汚れの除去

クレンジングに含まれた国産天然クレイが、毛穴の奥に詰まった汚れや余分な皮脂をしっかりと取り去ります。

また、肌にバリアを張る効果もあり、外部からの刺激に備えます。

その他の美肌成分

★★★★☆

皮脂分泌の正常化・抗酸化・保湿:ビタミンC

抗炎症:オウゴンエキスやカミツレエキス

肌への優しさ

★★★☆☆

アルコール・パラベンフリー
ビーグレンの口コミ
思春期ニキビ
  • Cセラムだけを使っていますが、症状が重かった頬のニキビが改善されました。肌質も良くなりニキビ痕も見えなくなってきました。

大人ニキビ
  • 2週間使用し、フェイスラインのニキビから解放されました。以前から気になっていたニキビ痕も目立たなくなりました。

  • 肌荒れも気にならなくなりました。化粧水の浸透力が高く、メイクが映える肌になりました。

  • クリームを肌に塗り汚れを吸着させて落とすという洗顔方法なので、手軽に使えて、化粧水や美容液の浸透力も良いです。にきび予防にもなり、小さいにきび痕はなくなってきているように感じます。

1.返品・交換に関する対応

ビーグレンは、商品を注文してから1年間は返品・返金を行うことが可能です。

ビーグレンのWEBサイトか電話で返品依頼の連絡を入れると、ビーグレン社から返品受付番号と返送先の住所を記載したメール・電話が入りますので、指定された住所に返品受付番号を添付して荷物を郵送しましょう。

商品が到着したら、口座のほうに返金分のお金を振り込まれる形となります。

2.安全性に関する対応

ビーグレンは、天然素材の成分を使用して作られています。しかし、天然素材は無添加なので、何もしないと酸化して腐る可能性が高いです。

それを防ぐために、ビーグレンの商品には保存料が少し加えられています。また、商品として販売する前に、SDCという確認テストをしているのでとても安全性が高いです。

3.原産・素材

ビーグレンの商品には、ハーブやクレイなどの天然素材成分が多く配合されています。そのため、とても肌に優しい使い心地が体感できるのです。

また、洗顔料にはグリチルリチン酸ジカリウムや、スクワラン、カモミラエキス、ヒアルロン酸など豊富な美容成分が含まれていますので、しっとりとしたなめらかな洗い上がりになるでしょう。

第4位 DHC 薬用アクネコントロール

第4位 DHC 薬用アクネコントロール

【トライアルセット】

トライアルキット(1,200円)

【ライン:4アイテム】

フェースウォッシュ(洗顔料)、ローション(化粧水)、ミルク(乳液)、スポッツエッセンス(美容液)

詳しくはこちら

注目のニキビケア成分

★★★☆☆

サルチル酸

見込まれる効果:角質を柔らかくする・殺菌

ニキビ治療によく使われているサルチル酸が配合されており、余分な角質除去、毛穴の詰まり解消に効果が望めます。

その他の美肌成分

★★★☆☆

サルチル酸を補助する成分:シソエキス、ドクダミエキス、ローヤルゼリーエキス、オウゴンエキス、チャエキス、アロエエキス

肌への優しさ

★★★★☆

無香料・無着色・パラベンフリー・アルコールフリー
DHC 薬用アクネコントロールの口コミ
思春期ニキビ
  • シリーズで使用して2週間、明らかにニキビが減りました。ふっくら肌になってきました。

  • 顔や背中にできたニキビに使ってみました。化粧水を含ませたコットンで拭き取ると、背中がなめらかになりました!

大人ニキビ
  • 1週間であごにニキビができなくなり、効果を体感。アルコールフリーの化粧水で値段もお手頃のため、安心して思いっきり使えます。

  • 頬にできた大人ニキビが気になっていたのですが、毛穴もすっきりしニキビができにくくなりました。肌のコンディションも上がっています。

1.返品・交換に関する対応

DHCの商品は、未開封の場合のみ返品・交換を承っています。お客様の都合による返品・交換依頼は、原則として商品が届いてから10日以内だと対応が可能です。

商品に添付されている納品書を確認して、お客様サービスセンターに連絡してください。

また、不良品や中身の間違い、個数不足などで返品・交換される場合は、サービスセンターに連絡した翌々日には新しい商品を発送します。

2.安全性に関する対応

DHCの商品は、アレルギー症状を持つ方でも安心して使用できるように、医薬部外品も全成分表示を行っています。また、万が一に備えて、カテゴリごとに電話相談窓口を設けているので何かあった場合でもすぐに対処してもらえます。

3.原産・素材

DHCの薬用アクネコントロールは、殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールという有効成分が含まれています。

この有効成分が働くことで、ニキビの原因となるアクネ菌を攻撃することができるのです。また、植物エキスも含まれているので、保湿効果も高いです。そのため、さっぱりとした洗い上がりにも関わらず、潤いのある肌を作ることができるのです。

第5位 プロアクティブ

第5位 プロアクティブ

【トライアルセット】

基本セット30日サイズ(3,900円)

【ライン:8アイテム】

リニューイングクレンザー(洗顔料)、リバイタライジングトナー(化粧水)、リペアリング トリートメント(クリーム)、デイリーオイルコントロール(美容液)など

詳しくはこちら

注目のニキビケア成分

★★★☆☆

サルチル酸

期待できる効果:殺菌・角質軟化

その他の美肌成分

★★★★☆

殺菌:グリチルリチン酸

角質の軟化:パルミチン酸レチノール

保湿:チャエキス、ホホバオイル、アロエエキス、ハマメリスエキス、カモミラエキス

肌への優しさ

★★★★☆

特になし
プロアクティブの口コミ
思春期ニキビ
  • 使ってみると信じられないほどニキビが解消されました。お気に入りでずっと使っています。

  • いかにも効きそう!な植物エキスの香りがします。コットンに化粧水を含ませ優しく拭き取ると、すごくサッパリします。

  • 使い始めてから肌の調子が整ってきました。泡立ちが良いスクラブ洗顔で、シルキーな仕上がりになります。化粧水で拭き取った後の肌はしっとりです。

大人ニキビ
  • 使い始めて1週間ぐらいで大人ニキビが小さくなっていきました。結構よさそうです!

1.返品・交換に関する対応

プロアクティブでは、60日間返金保証キャンペーンを行っています。60日間実際に商品を試してみて自分の肌に合わなかった場合、容器を返品すればその商品のお金を返金してくれるというシステムです。

返品を希望する際は、専用の窓口に問い合わせると後日返品用紙が配送されますので、それと一緒に商品を指定の宛先に郵送してください。

また、送料や手数料は、自身での負担になりますので認識しておきましょう。

2.安全性に関する対応

プロアクティブの商品は、最新の研究結果に基づいて厳しい選定を行った上で配合成分を決めています。

しかし、敏感肌やアレルギーの症状をお持ちの方は、万が一に備えて事前にパッチテストを行っておくといいです。

パッチテストの方法は、商品の液体を10円玉ほどの分手に取り、腕の内側に塗っていきます。その上に絆創膏を貼って24時間後までに赤みやかゆみがなければ大丈夫です。

万が一何かトラブルが起こった場合は、スキンケアサポートに問い合わせてみるといいでしょう。

3.原産・素材

プロアクティブの商品はアメリカのスキンケア商品ですが、日本で販売されているものは日本人の肌質に合わせて配合成分が見直されています。

サリチル酸やグリチルリチン酸ジカリウムなどの有効成分を配合しており、毛穴の奥に詰まった汚れや皮脂を綺麗に取り除いてくれます。

何か疑問点や不安点などがある場合は、相談窓口に連絡してアドバイザーに聞いてみるといいでしょう。

最新型ビタミンC誘導体が決め手のVCシリーズ

第1位 シーボディ VCシリーズ第1位に選んだシーボディの「VCシリーズ」。さまざまなニキビケア化粧品を試した方が、最終的にたどり着くことで、口コミでも話題となっているシリーズです。

決め手はなんといっても、シリーズ全アイテムに配合されている最新型ビタミンC誘導体「Funcos C-IS」

ビタミンC誘導体は、過剰な皮脂分泌の抑制、角質を柔らかくして毛穴を詰まらせない皮膚を正常な状態に戻すなど、思春期・大人どちらのニキビにも高い効果があることで知られています。

とても優秀なビタミンC誘導体ですが、化粧品として安定させることが難しく、中々本来の力を発揮してくれないという難点もありました。

最新型ビタミンC誘導体「Funcos C-IS」ですがこの「Funcos C-IS」は、安定した状態でお肌の中まで届き、浸透した後はピュアビタミンに戻ることで、ビタミンCが持つ本来の力を発揮。

さらに皮膚への浸透性も非常に高いため、その効果は他のビタミンC誘導体に比べると200倍もあるのだとか。

「Funcos C-IS」は、まさにニキビケアのための決定版ともいえる美容成分なのです。

ビタミンAとEでニキビのできない肌へ

さらにVCシリーズには、ビタミンA(レチノイン酸)とE(トコフェロール)が含まれています。ビタミンA・Eには、ビタミンCの作用を高める役割の他に、肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促進する効果もあります。

ニキビは一度消えても、すぐにぶり返してしまいがち。表面では消えていても、実は皮膚の奥の毛穴や皮脂腺は肥大したままということが多いもの。

大切なのは肌の代謝リズムをしっかりと整えること。ビタミンA・Eの力で、しっかりと肌を生まれ変わらせることで、ニキビをぶり返さない、健やかな肌をつくりあげます。

肌への刺激を極力抑えた優しい処方

第1位 シーボディ VCシリーズVCシリーズにはその他にも、アクネ菌を殺菌する効果でニキビケア成分の代表格ともいえるサルチル酸も配合されています。

ただし、このサルチル酸は強い成分のため、敏感肌や乾燥肌の人にとって刺激となる可能性も。

そんな中でVCシリーズでは、サルチル酸を刺激にならない絶妙な量で配合。パラベン、アルコール、石油系界面活性剤、鉱物油、合成香料、着色料は全て不使用と、肌への優しさを極限まで追求しました。

さらにプラスして肌荒れ防止・殺菌・保湿などの効果を持つオウバクエキスやセイヨウハッカエキスなど、天然成分の有効エキスもたっぷり含まれています。

これにより、肌へ刺激を与えず、乾燥をさせることもなく、効果的に美肌へ近づけることが可能となっているのです。

まずはスターターセットでのお試しがオススメ

トライアルセットどんなに良い化粧品であっても、やはりお肌に合うかどうかは、使ってみなければ分からないもの。VCシリーズには、5日間しっかりとお試しができるお得なスターターセット(800円※3月末までの限定価格)があるので、そちらからチャレンジしてみるのがオススメです。

しかもこのトライアルセットを購入すると、現品を20%オフで購入できる、お得なクーポンがもらえるのも嬉しいポイント。ニキビ肌でお悩みの方は、一度試してみる価値アリなセットだと思います。

VCシリーズのトライアルセットをチェック!

ニキビ用化粧品の正しい使い方~クレンジング編~

ニキビ用化粧品の中で気を使いたいのがクレンジング。メイクをしっかり落とさなければ、ニキビのもとであるアクネ菌の繁殖を促してしまいます。

また、クレンジングの選び方にも工夫が必要です。メイク落としの観点からオイルが一番落としやすいのですが、乳化の際に肌の乾燥を呼びやすい傾向にあります。ニキビケアを考える場合は、リキッドクレンジングを利用しましょう。

クレンジングを行う前に、必ずアイメイク・リップメイクはポイントメイク専用クレンジングを用いて落として置きます。その後リキッドクレンジングを利用してメイク落としを行いましょう。手のひらや指の腹を使ってメイクとクレンジングをなじませます。

毛穴にメイク汚れが残らないようなじませていくことをおすすめします。ただし、肌の乾燥が懸念されるので、長時間肌をこすり続けないようにしましょう。

クレンジング剤が肌になじんだら、40度程度のぬるま湯ですすぎます。すすぎはしっかり丁寧に行いましょう。何度かお湯を代えてすすぐことでクレンジングの肌残りも防ぎます。

これでクレンジングは完了です。

ダブルクレンジングは必要か?といった質問が寄せられることがありますが、ニキビケアにはダブルクレンジングは不要です。

そのため一度できちんと落とせるタイプのクレンジングを選びましょう。どうしてもダブルクレンジングをしたいという場合は、石けん素地を主体とした洗顔石鹸をたっぷり泡だてて顔を覆った後でたっぷりのお湯ですすぎましょう。

ニキビ用化粧品の正しい使い方~洗顔編~

ニキビ肌の大敵は「乾燥」「皮脂残り」です。洗顔時はこれらを引き起こしやすいため、特に気を使う必要があります。

ニキビ用化粧品としての洗顔料はできる限りケミカル成分が含まれていない無添加のものを選びます。殺菌成分が含まれているものも良いのですが、肌に刺激を与えてしまうことも考えられます。

できれば石けん素地をメインとして作られた洗顔石鹸の使用をおすすめします。ベビー用など何も含まれていない純粋な石けんを使うと、肌の乾燥を防ぐとともに皮脂残りもなくします。

ニキビ用化粧品の付属品として、毛穴も洗浄できると謳った洗顔ブラシがあります。

ニキビの炎症がある方は肌に刺激を与えてしまいますし、ブラシの毛先でニキビを傷つけてしまい炎症を広げてしまう恐れがあるので、あまりおすすめできません。手のひらだけでも十分洗い流せますよ。

ただしい洗顔の仕方も覚えましょう。まずは予洗いとしてぬるま湯で濡らした泡だてネットを使って洗顔料をたっぷり泡立てます。

両手にたっぷり乗る量のきめ細やかな泡を作ったら、顔に泡をのせるように洗います。泡の表面張力を利用して汚れを吸着するイメージでなじませていくと良いでしょう。

汚れがたまりやすい小鼻回りとおでこの生え際は指の腹を使って軽くマッサージをするように汚れを落としていくのがおすすめです。

すすぎはぬるま湯で、時間をかけてすすぎ落としていきます。ぬるま湯は人肌程度のものを使い小鼻回りや、ニキビができやすいアゴ周り・輪郭・生え際周辺は特に丁寧にすすぎを行いましょう。

ニキビ用化粧品の正しい使い方~化粧水編~

ニキビ用化粧品は、基礎化粧品の使い方がポイントになります。特に肌を整える「化粧水」に着目していきましょう。

ニキビ肌の方は「肌がさっぱりする」という理由からアルコールが含まれた「さっぱり系化粧品」を利用して、皮脂の分泌を抑える作用を重視する方も見られます。

アルコールが揮発する際に肌に必要な水分を奪ってしまい、肌の乾燥を呼んでしまいます。

この肌の乾燥が皮脂の過剰分泌の原因であり、ニキビ肌を増強させてしまうことにつながりますので、ニキビ肌用の化粧水を選ぶ時には「アルコールフリー」のものを選びます。もちろんケミカル成分が含まれていないもので保湿タイプのものを選びましょう。

ニキビ用化粧品は優しく肌になじませていくことが大切です。化粧水は500円硬貨大の量を片手に取り、両手に広げるようなイメージで手のひらにいったんなじませます。こうすることで化粧水も温まり肌に吸収されやすくなります。

手のひらで顔を包むように化粧水をなじませていきましょう。指先で小鼻回りなどに化粧水をなじませていくと丁寧です。

ニキビ肌で悩む方の中には「コットンパフ」を使って化粧水を肌になじませる方もいますが、ニキビの炎症を抑える意味合いでは逆効果です。

パフがニキビの炎症をこすってしまうことでニキビを増強してしまうことも懸念されるので、手のひらで優しくなじませていきましょう。もちろん化粧水を使う時は手を洗って清潔にした状態で使うことが一番のお約束です。

ニキビ用化粧品の正しい使い方~美容液編~

ニキビ用化粧品の美容液は化粧水の後に使うものではなく、肌を柔らかくする働きを持つ「導入美容液」や「ブースター」などと呼ばれるものを利用することをおすすめします。

ニキビ肌をきれいに整えるには、保湿が何よりも大切です。そのために保湿成分がしっかり肌に入り込みやすいように肌を柔らかく整えていくことを念頭に置きましょう。

導入美容液も化粧水同様アルコールフリー・ノンケミカルのものを利用します。洗顔後の清潔な肌に規定量の美容液を手のひらにとってなじませていきましょう。

導入系の美容液は、肌を柔らかくする意味合いがあるので、少し時間を置いてから化粧水をつけることをおすすめします。

中には、「美容液や化粧水などつける順番が分かりにくい」「ケアが面倒」という方も見られます。ニキビ用化粧品はできるだけシンプルなものが良いとされています。美容液や化粧水の成分が全て網羅されたオールインワン化粧品を利用することも一案です。

オールインワン化粧品は保湿成分がたっぷり含まれたゲル状またはとろみがある液体です。肌を柔らかく整えてくれる効果がありますし、保湿効果もありますのでニキビの炎症にダメージを与えることなく肌ケアをすることができます。

オールインワンはニキビ肌専用ではなくともおすすめです。中には肌再生因子が含まれているものや保湿成分が含まれているものなど機能性にも優れているものばかりです。

購入前には用途をしっかりチェックして肌やライフスタイルに見合ったものを購入し使っていきましょう。

ニキビ用化粧品の正しい使い方~乳液・クリーム編~

ニキビ用化粧品として販売されている乳液やクリーム類。「肌がべたつくから使いたくない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。肌に適度な油分を補うことで、皮脂の過剰分泌を抑えることができるのでできる限り使うことをおすすめします。ただし、べたつくほどの量を使うのはアウトです。

ブースター・化粧水をなじませた後に、乳液をほんの少し(2滴程度)手のひらにとって、手のひらで軽く伸ばしてから、顔をラッピングするイメージで優しく乳液を移していきます。乳液は良く伸びるため、ほんの少量でもしっかり顔全体をカバーすることが可能です。

クリームは保湿・肌の保護目的で使います。ただし、日中はBBクリームや下地クリームで補うことができるため、夜用の商品を使うことがニキビ肌には最適です。就寝前にごく少量をしっかり肌に伸ばしていきます。ニキビの炎症がある部分には乳液などでカバーできているので、厚塗りにならないよう気をつけましょう。

ニキビができる要因として考えられるのは、寝具の汚れや布との摩擦なども考えられます。寝具は特に清潔を保つことでニキビの炎症を抑えることができます。肌を保護する意味合いでクリームなどをぬっても寝具が汚れていれば本末転倒であることを覚えておくと良いでしょう。

先述のとおり、乳液やクリーム類は油分です。就寝中にも皮膚の新陳代謝は行われており肌からは皮脂の分泌や皮膚の生まれ変わりが発生しています。起床時には必ず洗顔を行い、夜に塗ったクリームや老廃物をオフするようにしましょう。

ニキビ用化粧品は通販でも購入が可能

お肌のトラブルで悩んでいて日々のお手入れのために、お気に入りのスキンケア製品の購入を検討している方なら、自分の肌質や症状に合わせて適切なものを選ぶ必要があります。例えば、ニキビ化粧品であれば乾燥肌、敏感肌など肌質を考慮すべきですし、また症状の程度によって合うものが違ってきます。

最終的には自分で試してみないと分からないところがありますので、製品の特徴を把握して購入したいところです。

行きつけの薬局やドラッグストアに出向いて製品を購入するのが一般的ですが、実は通販で購入することもできます。大手の通販サイトでニキビ化粧品を取り扱っていますので、インターネット通じて簡単に購入できるようになっています。

メーカーによっては通販のみで対応しているとこもあるくらいですので、通販購入を選択肢に入れることをお勧めします。ただし、通販ならではのメリットやデメリットがありますので、その特性を把握した上で上手に利用することが大切です。

通販を利用するメリット

薬局で購入することもできますが、たくさんの薬を網羅することは難しいので、通販サイトを活用してみると良いでしょう。通販サイトなら豊富な製品ラインナップから製品のスペックをチェックして、条件に合致した製品を簡単に探し出すことができます。

また、実際に使った人の体験談やレビューを見れば、製品広告の文言だけからは得られない生の声を参考にして安心することができるのが便利です。そのほかにも通販ならではメリットがいくつかありますので詳細にみていきましょう。

1.種類が豊富

実店舗に出向いても品切れだったり、欲しい製品を取り扱っていなかった等の理由から思うように買い物ができなかったりした経験はないでしょうか。もちろん取り寄せてもらうこともできますが、時間がかかりますので不便です。したがって、品揃えという面では実店舗に限界があることがわかります。

一方、ネット通販なら在庫の有無や入手時期までを確認することができますので、手間をかけずにいつ購入できるのが嬉しいポイントです。もちろん取り扱っていない製品もありますが、他の通販サイトを調べて入手することも短時間で簡単にできるので問題ありません。

その際、メーカーが販売している製品ライナップを横断的に検索したり、比較したりできますので購入可能な製品の種類が豊富です。

通販サイトなら市販されている製品のほとんどをカバーできるといっても過言ではありませんので、もし実店舗で購入できなかったとしても、あきらめずに通販サイトをチェックしてみると良いでしょう。

2.いつでも好きな時に購入ができる

テレビやネットを通じて気に入った製品があれば、自宅にいながらにして注文できるのが通販の魅力です。しかも忙しくてすぐに手続ができなくても、インターネット環境さえあれば、空いた時間にサッと調べて注文を完了するというような使い方ができますので、ふだん店舗に出向く時間を作ることができないビジネスマンや主婦の方であっても便利に使えるのが特徴です。

スマホが普及していますので、モバイル環境であっても製品スペックのチェックや注文方法に不自由はないでしょう。たとえ自宅以外の出先であっても、スキマ時間を活用して購入で続きがとれます。つまり、いつでもどこでも簡単に購入手続きがとれるので時間を無駄にしません。

それもスマホなどの情報端末が高性能化し、利用範囲が拡大したことが背景になっているからこそです。とても便利な世の中になったと言っても良いかもしれません。いままであまり通販を利用してこなかった方でも、簡単に利用できる便利なツールやサービスがありますので活用していくことをお勧めします。

3.利用者の口コミを参考にできる

通販で購入する際の強みは、実際の利用者の体験談やレビューなどの生の声を参考にできる点です。実際に使ってみた方の感想ですので、メーカーが公表している製品スペックでは知ることができない有用な情報を得ることが可能です。疑問や不安に思っていることを解決する書き込みを見つけることができますので是非チェックしてみてください。

ただし、公開されている情報にはウソや誇大とも思えるものが混じっていることは否定できない事実ですので、受け手側の公平で客観的な判断が必要となります。サイトをみて誇大と思える情報は、鵜呑みにせずに参考程度にとどめておくことも賢明な判断と言えます。

特に製品を宣伝することを目的とするサイトの情報には、一定のバイアスがかかっていると考えた方が賢明でしょう。最終的には自己責任による判断となりますが有用な情報を見つけ出して活用すれば、自分にあったニキビ化粧品を見つける一助となりますので積極的にアクセスすることが大切です。

4.お店で購入できない商品が手に入る

良質で評判の良い製品であっても、通販限定となっていて実店舗では取り扱っていないものがあります。裏を返せば通販サイトを活用して、通常のお店では入手できない高品質な製品を入手できるチャンスがあるということになります。

通販限定の製品は配合成分が高品質であることが多く、市販製品で満足できない方が、コストを度外視してでも効果があるものが欲しいといったケースで役立つことが多くあります。もちろん、中間マージンを排除して、コスト低減を図っている良質なメーカーもありますのでお得な製品を探してみても良いでしょう。

使える通販サイトを探す際にも、ユーザーの口コミが役立ちますので、質問掲示板などに積極的に質問してみましょう。また、SNSで活動しているヘビーユーザーと情報交換すると有用な情報が入手しやすくなりますので、信頼できそうな人と友達になることをお勧めします。ニキビ化粧品はデリケートな肌に使うものですので、妥協せず品質の良いものを探していくださいね。

5.サービスの利用でお得に買い物ができる

さらに通販サイトならではのお得なキャンペーンを活用することで、お得な買い物になるケースもありますので無視できません。時期的なものと定期的に実施されているものなどがありますので、注意深く情報をチェックすることが大切です。

表示金額が他社よりも高く設定されているようなケースであっても、キャンペーンを活用することでトータルの購入費用を安くできることがあるからです。

例えば、定期購入を条件に割安になる場合は、本当に気に入って必要なものと判断できた時点で通常購入から切り替えても良いでしょう。また、期限付きで実施されているキャンペーンなら、特典が付き割引となるケースがありますので、チャンスを逃さないように注意したいですね。

また、大手の通販サイトであればポイントが付きますので、よく利用するサイトならばポイント付与を前提として購入を検討しても良いでしょう。製品によっては5倍や10倍のポイントが付与され、割引よりも有利なポイントとなることもあるからです。

通販サイトからの購入で気をつけること

テレビショッピングやインターネットサイトを通じて、ニキビ化粧品を購入する際に注意すべきことがいくつかあります。自宅にいながらにして簡単に購入手続きができる一方で、不満があったときのクーリングオフに応じてくれなかったりするケースもあります。また、不良品が送られてきたり、品物が送られてこなかったりするトラブルも懸念されます。

そもそも訪問販売とは異なり通信販売は、自分の冷静な判断で購入できるだけの余地がありますので、クーリングオフが適用されません。したがって、製品購入後にキャンセルして返品できるのか、その時の条件はどうなっているのかを事前に知っておくことが重要です。

トラブルを回避するためにも、購入の前に通販業者が公開している情報をチェックうることが重要です。例えば、特定商取引の表示の欄を見ることで、どんな業者なのか分かりますし、代金支払方法の他、返品の特約など取引をする上で必要な最低限の情報を知ることができますので必ずチェックすることをお勧めします。

季節別のニキビケア方法をチェックしよう!

日本には四季があるため、四季ごとに違った原因でニキビがでてきます。また、四季などの気温の変化や、花粉症などのアレルギーや、ストレスなどによっても、ニキビの原因が違ってくるのです。

そのため、四季ごとにニキビのケアを変えていかないと、ニキビが治らないこともあります。ここでは、四季ごとのニキビのケアや、使う化粧品などについて説明していきます。

春は、花粉症や新生活が始まるストレスなどによりニキビができます。夏は、紫外線による肌やエアコンによる乾燥のためニキビができるのです。

秋は、ニキビができにくい季節ですが、それでもバリア機能の衰えなどが原因になることもあります。冬は、乾燥と寒さによる冷えによってニキビができるのです。

春のスキンケア

春は気温が暖かくなっていくため、乾燥もおさまってきます。そのため、一見ニキビができにくそうに考えられますが、一番の大敵は花粉です。

花粉症の人は、この花粉によるアレルギーがニキビを悪化させる原因となっているのです。アレルギー症状が悪化している肌は、とても敏感になっていて、外的刺激により皮脂量が増えて角質が厚くなります。そのため、毛穴が塞がることにより、ニキビができやすくなるといわれています。

また、春は新生活が始まる季節のため、生活に慣れないなどのストレスがたまりやすくなっています。ストレスは、男性ホルモンを増やし、毛穴が固くなるためニキビができやすくなるのです。この時期のケアは、規則正しい生活や、保湿効果のある化粧 品など基本的なことをしましょう。

夏のスキンケア

日本の夏は高温多湿のため、紫外線と湿気でニキビを悪化させる要因がたくさんあります。紫外線の中で肌に影響を与える夏のUVA波は、冬の2.5倍ほどになるのです。

さらに、夏のUVB波は、冬の5倍近くにもなります。そして、紫外線が肌の乾燥を起こすことによりニキビが悪化します。そして、UVB波は、ニキビ跡を作る可能性もある紫外線のため注意が必要です。

夏の紫外線によるニキビのケアは、日焼け止めや化粧品などで、UVケアをしましょう。夏の暑さのため、外では汗や皮脂が過剰にでてくる場合や、室内は乾燥しているため、繰り返しで角質が剥がれやすい状態になっています。 そのため、肌がヒリヒリしたり、痒みがでたりするため、ニキビができやすくなるのです。

秋のスキンケア

日本の秋は気候もよく、夏の間に悩まされた紫外線も減り、乾燥もなくなるため、1年の中で一番肌トラブルが少ない季節です。そのため、ニキビも悪化せずに落ち着いていることが多いのですが、それでもニキビの原因となるものはあります。

それは、秋の花粉と乾燥です。秋の花粉は、8月から10月頃に飛散量が増えていくブタクサの花粉です。また、9月はまだ暑い日があり紫外線にはまだまだ気を付けなければいけません。

さらに、9月を過ぎると、今度は冬に向けて乾燥の季節がやってくるのです。これらのことを考えると、秋であってもニキビのケアはしなければいけません。秋の特有のスキンケアはありませんが、花粉と乾燥のケアを中心に行う必要があるのです。

冬のスキンケア

ニキビの発生原因は、角質層の水分が失われることにより、肌バリアの機能が低下することによるものです。

肌の表面が潤っている状態でも、角質層の内部が冬場の乾燥でバリア機能が低下してしまう状態をインナードライといいます。そして、インナードライの状態では、角質が柔軟性を失ってしまう異常角化を起こしやすくなり、ニキビの原因である角栓発生が起こるのです。

このように、ニキビは、冬に悪化する傾向があるのです。そして、肌バリアの機能が崩壊することによりニキビが発生することを防ぐには、角質層の水分量を保つことが大切です。そのため、冬のスキンケアとしては、水分量を保つための化粧品を使うなど、保湿ケアに努めることがとても大切なことなのです。

ニキビケアでよくある疑問を解決するべし

肌が乾燥することや刺激などで弱くなっていると、皮脂が過剰分泌したり、古い角質が原因で毛穴が詰まりやすくなったります。そして、毛穴が詰まることが原因で、ニキビが大量発生するのです。

また、ストレスなどでホルモンバランスが乱れると、ニキビができやすくなってしまいます。このようなニキビの原因は、ニキビケアをすることで解消できます。そして、ここでは、ニキビケアでよくある疑問を解決していきます。

例えば、ニキビケアでよくある疑問の1つ目は、ニキビを潰すと早く治るってホント?です。疑問の2つ目は、ニキビができたら消毒すればいいの?です。

疑問の3つ目は、善玉ニキビ菌と悪玉ニキビ菌ってなに?です。疑問の4つ目は、ニキビができても普通にメイクして大丈夫?です。これらの疑問を以下で説明していきます。

1.ニキビを潰すと早く治るってホント?

ニキビは、ファンデーションでは隠すことが難しいものです。そこで、ニキビを潰してしまえば早く治るのではと考える人もいるでしょう。それでは、ニキビは潰した方が、早く治すことができるのでしょうか。

実は、ニキビには潰していいニキビと、潰してはいけないニキビがあるのです。また、医療機関でもニキビを潰すことで早く治す方法があります。この方法は面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)と呼ばれ、白ニキビの表面に針で穴を開けて、中身の皮脂を抜いていく治療法です。

ニキビは段階によって色が変わり、新陳代謝の低下などで毛穴が詰まると白ニキビができます。この状態では、潰した方が治りが早いといわれています。さらに悪化して炎症をおこし赤くなったニキビは潰してはいけないといわれています。

2.ニキビができたら消毒すればいいの?

ニキビが炎症して赤くなって痛みが発生した場合、マキロンなどの市販の消毒液を塗ることで、炎症が改善したなどという情報がインターネットで出回っていますが、本当に消毒液を塗ることで、炎症が改善されるのでしょうか。

マキロンなどの消毒液は、多少の殺菌作用がありますのでアクネ菌を減少させることはできるかもしれません。そして、マキロンのような抗炎症作用がある創傷消毒剤は、一時的には炎症が緩和されてよくなっていく可能性はあります。

しかし、市販の消毒液では、その効果は僅かかまたは一時的なものであって、ニキビの完治までは難しいといえます。アクネ菌を殺菌する必要があるほどの炎症であれば、アクネ菌専用の抗生剤を用いたほうが効果的です。

3.善玉ニキビ菌と悪玉ニキビ菌ってなに?

ニキビは、アクネ菌が原因でできる場合が多いのですが、アクネ菌の中にも、肌に好影響を与える善玉ニキビ菌と、ニキビを作ってしまう悪玉ニキビ菌と両方があるといわれています。例えば、大腸菌の中の善玉菌が増えると体調が良くなり、悪玉菌が増えると下痢や便秘が起きるのと同様に、ニキビ菌にも善玉と悪玉がいるという説です。

善玉と悪玉がいるという説は、実際にアメリカのワシントン大学で行われた実験より証明されていて、ニキビが発生している人だけにある菌株と、肌がきれいな人からしか採取されない菌株があることが解明されたのです。今現在はまだ研究中なのですが、今後善玉菌だけを増やすというニキビケア医薬品や化粧品が出現する可能性があるのです。

4.ニキビができても普通にメイクして大丈夫?

ニキビができている時のメイクは、普通に考えるとニキビを悪化させる原因となるため良くないでしょう。しかし、メイクをしないということは、紫外線を直接肌に当てるということにもなりますので、かえってニキビを悪化させるケースもあるのです。

また、角質がさらに厚くなる可能性もあり、新たなニキビを発生させる危険性もあります。さらに、メイクをしないというストレスにより、ホルモンバランスがくずれてします可能性もあるのです。

この問題の解決策としては、ニキビを悪化させないようなメイクをすれば良いのです。例えば、ファンデーションは、パウダータイプを選び優しく顔に伸ばし、できるだけ落としやすいタイプを選びましょう。

また、コンシーラーは油分が多いため避けた方が良いでしょう。さらに、帰宅したらできるだけ早くメイク落としをするべきなのです。

ページの先頭へ