ニキビケア化粧品の口コミおすすめランキング

ニキビケア化粧品の口コミおすすめランキング

絶対に美肌を手に入れたい人のためのニキビ化粧品総合ガイド

ニキビケア化粧品の総合ランキングはこちら

洗顔石鹸部門 BEST1
薬用VC泡フォーマー
アミノ酸系の洗浄成分でニキビを修復し、肌質も改善するビタミンCと代謝を促進するビタミンA・E、植物由来エキス4種入り。
こちらをクリック
クレンジング部門 BEST1
クレンジングウォーター
100%オイルフリーの、ウォータータイプのメイク落とし。コットンにひたして肌と馴染ませるだけで簡単にメイクが落ちます。
こちらをクリック
化粧水部門 BEST1
VCローション
ニキビを良化させるとともに、肌質を根本から健康な肌へと変える「アダルト・アクネ・アンサー」処方を採用。
こちらをクリック
美容液部門 BEST1
Cセラム
QuSomeを採用したビタミンCで浸透力が高いので、肌の奥の細胞を元気にし、乾燥や肌荒れ知らずの肌をつくりあげてくれます。
こちらをクリック
乳液・クリーム部門 BEST1
VCビタール
皮膚科処方に近い成分を採用しているVCシリーズのクリーム。ニキビや吹き出物のために開発されており、ニキビ痕にも効果大。
こちらをクリック

病院にいった方がいい?

ニキビ治療で病院を訪れるタイミングや病院で行なわれるニキビの治療方法について解説します。

病院で治療を受けるべきニキビとは

ニキビにはいくつか種類があります。

  • 白ニキビ
    肌表面に白くポツンと見える小さいニキビ。
  • 黒ニキビ
    白ニキビが進んで毛穴に詰まった角栓が酸化し、黒く見えるもの。
    小鼻の回りにある黒い点のようなポツポツ。
  • 赤ニキビ
    黒ニキビが進んだもので、痛みを伴うニキビ。肌表面が赤く腫れ上がる。
  • 黄ニキビ
    赤ニキビが進み、化膿して黄色い膿を持ったニキビ。
    真皮層にもダメージを与える深刻な状態。

ニキビは早期発見・早期治療が大切です。白ニキビや黒ニキビの状態なら、ニキビケア化粧品によるお手入れや規則正しい生活で改善できます。

黄ニキビは専門医へ

しかし黄ニキビになると、薬での治療や皮膚科で治療が必要になります。痛みを伴うだけでなく、ここまでくると痕が残ってしまう可能性があるからです。

病院では保険が適用される範囲内で、ニキビの症状に合った塗り薬が処方されます。また、専用の器具を使い、毛穴をきれいにするケースもあります。

保険適用外の治療は、古い角質を除去するケミカルピーリングがあり、病院によっては高周波を照射するフォトRF治療などが行なわれます。

やっぱり日々のケアが大切!

重症化したニキビは、皮膚科で治療するのがいいでしょう。ただし、大切なのは毎日のケアです。毎日きちんとケアすることで、ニキビは重症化を防げます。

赤ニキビや黄ニキビのような深刻なニキビをつくらないために、ニキビ肌のためのスキンケアを続けるようにしましょう。ニキビに気をつけることで生活も規則正しくなり、肌質の改善も望めます。

ニキビのない美肌を手に入れるためには、やはり自分自身で頑張るしかないのです。そして頑張った人の肌は、必ず改善されるはず。まずは自分に合ったスキンケア製品を見つけることがもっとも大切です。

 

ページの先頭へ