ニキビケア化粧品の口コミおすすめランキング

ニキビケア化粧品の口コミおすすめランキング

絶対に美肌を手に入れたい人のためのニキビ化粧品総合ガイド

ニキビケア化粧品の総合ランキングはこちら

洗顔石鹸部門 BEST1
薬用VC泡フォーマー
アミノ酸系の洗浄成分でニキビを修復し、肌質も改善するビタミンCと代謝を促進するビタミンA・E、植物由来エキス4種入り。
こちらをクリック
クレンジング部門 BEST1
クレンジングウォーター
100%オイルフリーの、ウォータータイプのメイク落とし。コットンにひたして肌と馴染ませるだけで簡単にメイクが落ちます。
こちらをクリック
化粧水部門 BEST1
VCローション
ニキビを良化させるとともに、肌質を根本から健康な肌へと変える「アダルト・アクネ・アンサー」処方を採用。
こちらをクリック
美容液部門 BEST1
Cセラム
QuSomeを採用したビタミンCで浸透力が高いので、肌の奥の細胞を元気にし、乾燥や肌荒れ知らずの肌をつくりあげてくれます。
こちらをクリック
乳液・クリーム部門 BEST1
VCビタール
皮膚科処方に近い成分を採用しているVCシリーズのクリーム。ニキビや吹き出物のために開発されており、ニキビ痕にも効果大。
こちらをクリック

ニキビの種類と原因からみる対処方法

ニキビの種類と発生原因

ニキビには進行の段階によって異なる呼び方があります。その状態によって対処が異なるため、自分の肌にできたニキビの状態に応じて、正しいスキンケアやニキビ対策化粧品を取り入れることが重要になります。正しいケアを取り入れることで治りが早くなりますし、原因を知って事前の対処ができるようになれば今後のニキビを減らすことが可能ですよ。間違った対処をする前にニキビの主な種類と原因、できてしまった場合の正しい対策方法についても見ていきましょう。

白ニキビ

痛みがなく、小さなプツプツがある状態のニキビです。
毛穴詰まりが起こっている状態にありますが、まだ炎症まで進行していません。
主な原因としては、毛穴を詰まらせてしまう化粧品や、洗顔フォーム、リンスやシャンプーの残存が影響していることがあります。
またホルモンバランスの崩れや、過剰な皮脂分泌でも発生する症状です。
腕や背中などの部分にもできるため、広い範囲でのケアを行なうことになるケースがあります。

黒ニキビ

白ニキビと同じように毛穴が詰まった状態で、中の角栓や汚れが酸化し黒く見える状態のニキビです。 毛穴が閉じている白ニキビと違い、黒ニキビは毛穴が開いている状態になっています。
痛みはありませんが、無理に押し出してしまうと状態を悪化させてしまうことがあります。
主な要因は、毛穴詰まりと皮脂や角栓汚れの酸化。これを放置すると中で炎症して赤ニキビに変化していきます。また、外的要因では洗顔やメイク落としなどのスキンケアに問題があることが多いです。

赤ニキビ

赤ニキビは、白ニキビ、黒ニキビを経て赤く炎症してしまった状態です。アクネ菌の増殖を抑えようと炎症が発生していて、痛みやかゆみ、広範囲に赤みが発生します。見た目にもひどく見えるので、気にしてしまい、指で触って余計に悪化させてしまう人が多くいます。皮脂の過剰分泌や、肌への刺激や雑菌が影響していることが考えられます。炎症状態にあるので、指でつぶしたり触ると雑菌が付着して悪化します。患部を清潔に保つ必要があります。

黄ニキビ

黄ニキビは、赤ニキビからさらに炎症が悪化し、膿が溜まっている状態です。痛みや、かゆみ、赤みを伴うことが多く、刺激を与えると膿が出てくることがあります。黄色ニキビが起きる裏では、異常を改善させようとする白血球とアクネ菌+黄色ブドウ菌などの雑菌の戦いが行なわれています。そこで死亡した菌や白血球が膿となり、炎症している部分の上に溜まります。肌の内部に大きな損傷を引き起こしている状態なので、適切なケアをしなければ跡がはっきりと残ります。

ニキビの種類別解決法

ニキビを治すには、現状の状態に合わせて適切なケアを行なうことが重要です。種類ごとでの対処ポイントを見ていきましょう。

白ニキビの治し方

白ニキビの基本的な治し方は洗顔。顔にリンスやシャンプー、洗顔料を残存させないように、きれいにすすぐのがポイントになります。髪は完全に顔に触れないように上げて、洗顔料が残りがちな額やこめかみ、もみあげやあごも、きちんとすすぎましょう。お風呂でも頭から顔、体を洗う方が格段にニキビを予防することができます。洗顔、保湿は重要ですが、朝は水洗顔など洗いすぎないようにバランスを取ってスキンケアをしましょう。

黒ニキビの治し方

黒ニキビも白ニキビも基本は、毛穴詰まりが影響しています。洗顔や汚れを落とすのに注意したら、過度なスキンケアを控える必要があります。洗いすぎの乾燥から乳液やクリームをつけすぎてしまい、毛穴詰まりを誘発してしまいます。洗浄力が高すぎるニキビケア商品などを頻繁に使うと、肌の善玉菌が死滅したりもともと備わっているバリア機能が破壊される恐れがあります。洗顔の回数は朝夜の2回程度にして、汗をかいたときなどは水洗顔で、汗やホコリをすすぐ程度にしておきましょう。

赤ニキビの治し方

赤ニキビになってしまった場合は、白ニキビ・黒ニキビとは対処が異なります。まず周囲の炎症を解決しなければなりません。炎症を抑える消炎効果のあるニキビ薬や、皮膚科の処方を受けるなどして、ニキビと周囲の炎症を治すようにしましょう。髪やメイク、マスクで隠したくなるのはわかりますが、完全に逆効果です。迅速に治すためにしばらくはアップスタイルやヘアバンド、メイクはなるべくしない、もしくはCCクリームを薄付き程度にします。

黄ニキビの治し方

アクネ菌だけでなく雑菌の影響を受けているため、顔に触れるものをすべて見直してみましょう。枕カバー・メイクブラシやスポンジ・タオル・布団、髪などからの雑菌が、顔に繁殖している恐れがあります。抗炎症効果のある洗顔料や薬を用いて表面の症状を抑えます。さらに、栄養バランスや生活習慣の改善、入浴などで内部からの肌質改善も図るようにしましょう。免疫を低下させる古い油やスナック菓子、油分の摂り過ぎは避けるようにするのがオススメです。

肌ケアだけじゃなく食事習慣を見直す

表面ケアだけでなく、体内からの改善もニキビを治すには重要になります。適切な食生活や生活習慣は黄色ニキビだけでなく、新しくできる白ニキビや黒ニキビの予防にも繋がりますよ。皮脂の過剰分泌を抑えるには、ビタミンB2を摂取するようにしましょう。豚レバーなどに多く含まれており、同じく豚肉にはビタミンB1が多く含まれています。砂糖たっぷりのお菓子や糖質の多いお酒などの代謝には多くのビタミンが使われるので、なるべく多くの摂取は避けて、食物繊維とビタミンを多く含む緑黄色野菜や豚肉などを取り入れるようにしましょう。

ページの先頭へ