ニキビケア化粧品の口コミおすすめランキング

ニキビケア化粧品の口コミおすすめランキング

絶対に美肌を手に入れたい人のためのニキビ化粧品総合ガイド

ニキビケア化粧品の総合ランキングはこちら

洗顔石鹸部門 BEST1
薬用VC泡フォーマー
アミノ酸系の洗浄成分でニキビを修復し、肌質も改善するビタミンCと代謝を促進するビタミンA・E、植物由来エキス4種入り。
こちらをクリック
クレンジング部門 BEST1
クレンジングウォーター
100%オイルフリーの、ウォータータイプのメイク落とし。コットンにひたして肌と馴染ませるだけで簡単にメイクが落ちます。
こちらをクリック
化粧水部門 BEST1
VCローション
ニキビを良化させるとともに、肌質を根本から健康な肌へと変える「アダルト・アクネ・アンサー」処方を採用。
こちらをクリック
美容液部門 BEST1
Cセラム
QuSomeを採用したビタミンCで浸透力が高いので、肌の奥の細胞を元気にし、乾燥や肌荒れ知らずの肌をつくりあげてくれます。
こちらをクリック
乳液・クリーム部門 BEST1
VCビタール
皮膚科処方に近い成分を採用しているVCシリーズのクリーム。ニキビや吹き出物のために開発されており、ニキビ痕にも効果大。
こちらをクリック

おでこ・生え際

おでこや生え際にニキビができる原因と正しいケア方法などをご説明します。

おでこや生え際のニキビの原因

とくに10代の思春期に多い傾向があるおでこや生え際のニキビ。成長期のホルモンバランスの崩れにより、皮脂の分泌が過剰になることがニキビの原因として考えられています。

このようなニキビは、「10代のニキビは当たり前!」という考え方から放置されることも少なくありませんが、クレーターとして残ってしまうこともよくあることなので、できるだけ早いうちからケアをしていくことが大切です。

ただし、10代を過ぎてもこの位置にニキビができることがあります。原因として考えられるものに、以下があります。

  • 髪の毛の刺激
  • シャンプーや洗顔などの流し残し
  • ストレス
  • ホルモンバランスの崩れ
  • 毛穴の詰まり
  • 睡眠不足

適度な洗顔と専用化粧品でケアを

ホルモンバランスの崩れや睡眠不足などは、規則正しい生活や食生活を送ればある程度は防ぐことができます。ストレスをためないことも大切です。

おでこはTゾーンの一部でもともと皮脂の多い部分ですから、洗顔やスキンケアを正しく行なうことも大切です。ニキビ専用のコスメを使って、毛穴もしっかりお手入れしましょう。

ただし、顔の洗い過ぎは好ましくありません。皮脂を取り除きすぎると肌が乾いてしまいます。乾燥した肌は皮脂の分泌が過剰に起こってしまうことがあるため、かえってニキビを増やす要因となります。

コンディショナーはニキビのもと?

すぐに取りかかれるケアとして取り入れたいのは、シャンプーやコンディショナー、洗顔のすすぎを十分に行なうことです。実は、このすすぎ残しがニキビの原因になっていることは意外に多いのです。とくにとろみのあるコンディショナーは、生え際や背中に残りがちです。洗顔も同様で、生え際のすすぎが十分でないとニキビのもととなります。

また、髪の毛の刺激が皮膚に炎症を起こし、ニキビに発展してしまうことがあります。前髪を短くしたりピンで留めたりして、おでこに髪の毛を当てないようにするのもおでこのニキビを防ぐ方法の一つです。

おでこの生え際にできたニキビはどう治す?

  1. スキンケア編
  2. おでこの生え際にニキビができてしまった場合は、スキンケアを怠らないことが一番大事です。
    生え際はクレンジングや洗顔料が残りやすい部分なので、洗顔をするときはしっかり洗うようにしましょう。
    また、初期段階の皮脂が詰まってできたニキビは、ピーリングを行なって毛穴の汚れを綺麗に取り除くことでケアできます。

  3. 洗髪編
  4. お風呂で髪を洗うときは、シャンプーやコンディショナーの洗い残しがないように、髪や身体を全て洗った後に顔を洗うといいでしょう。
    おでこの生え際にできたニキビは、洗髪をきちんと行なうことで80%以上は治ります。シャンプーを洗い流すときは、30回以上すすぐようにして、毛穴を詰まらせないようにしましょう。

  5. 日常編
  6. ニキビができる原因には、シャンプーや洗顔料の洗い残しによる外的要因のほかに、ストレスや生活習慣の乱れなどによる内的要因もあると言われています。
    ストレスを感じると必然的に汗を良くかくようになり、毛穴に皮脂が詰まりやすくなってしまいます。その結果、おでこなどにニキビができてしまうのです。
    また、睡眠不足もニキビができる大きな要因となります。睡眠不足になると、男性ホルモンが増えて皮脂の分泌量が多くなりますので、毎日十分な睡眠を摂るように心がけることが大事です。

  7. 番外編~ヘアスタイルを変える~
  8. 実は、ヘアスタイルもニキビを作る原因になっていることがあります。ニキビができやすくなるヘアスタイルは、前髪が長いロングヘア、頬やおでこを隠すようなボブヘア、スプレーやワックスなどをつけてセットしたキメキメヘアなどです。
    髪にはホコリや雑菌などたくさんの汚れが付着しており、その髪が肌に触れることでニキビがひどくなってしまいます。また、スプレーやワックスなども肌にとって刺激となります。
    このような状態を防ぐには、顔周りの髪をアップにしてまとめたヘアスタイルにチャレンジしてみるといいでしょう。若返り効果もありますし、清潔感を出すこともできます。

ページの先頭へ