ニキビケア化粧品の口コミおすすめランキング

ニキビケア化粧品の口コミおすすめランキング

絶対に美肌を手に入れたい人のためのニキビ化粧品総合ガイド

ニキビケア化粧品の総合ランキングはこちら

洗顔石鹸部門 BEST1
薬用VC泡フォーマー
アミノ酸系の洗浄成分でニキビを修復し、肌質も改善するビタミンCと代謝を促進するビタミンA・E、植物由来エキス4種入り。
こちらをクリック
クレンジング部門 BEST1
クレンジングウォーター
100%オイルフリーの、ウォータータイプのメイク落とし。コットンにひたして肌と馴染ませるだけで簡単にメイクが落ちます。
こちらをクリック
化粧水部門 BEST1
VCローション
ニキビを良化させるとともに、肌質を根本から健康な肌へと変える「アダルト・アクネ・アンサー」処方を採用。
こちらをクリック
美容液部門 BEST1
Cセラム
QuSomeを採用したビタミンCで浸透力が高いので、肌の奥の細胞を元気にし、乾燥や肌荒れ知らずの肌をつくりあげてくれます。
こちらをクリック
乳液・クリーム部門 BEST1
VCビタール
皮膚科処方に近い成分を採用しているVCシリーズのクリーム。ニキビや吹き出物のために開発されており、ニキビ痕にも効果大。
こちらをクリック

あご

あごにニキビができる原因やできやすい人のタイプ、正しいケア方法について解説します。

あごの大人ニキビ、その原因は?

あごニキビは思春期を過ぎた人にできやすいニキビで、大人ニキビの代表的なものといえます。実は大人にきびの大半があごニキビで、あごだけでなくフェイスラインにできるニキビもあごニキビに分類されています。

あごニキビは繰り返し発生しやすく、完治しにくいといわれています。あごのまわりは意外に皮脂の分泌量が多い場所。男性の場合はヒゲが生える場所で、男性ホルモンが活発に働く位置です。女性の場合、男性ホルモンが活発になると皮脂量が増えてしまうので、毛穴が詰まりやすくなります。

大人ニキビ特有の原因を排除することが大切

大人ニキビ特有の原因も、あごニキビを増やす原因です。食生活の乱れ睡眠不足ストレスなどの原因をできるだけ排除するようにしましょう。

また、カルシウム不足や冷えも原因とされています。胃腸不良や貧血も原因となることがあるので、ケアしてもよくならない場合は、医師に相談するのがベターです。

ターンオーバーの乱れも一因とされています。肌を清潔に保ち、ターンオーバーを正常化させるような成分が入った化粧品を使うといいでしょう。

外的な刺激も要注意

紫外線は皮膚の角質を厚くし、毛穴を詰まらせます。とくに紫外線のあたる春〜夏は、毎日の紫外線ケアが非常に重要になります。

また、トリートメントのすすぎが不足している場合、あごや首筋にトリートメントが残り、それが肌荒れやニキビの原因になることがあります。洗顔も同様で、すすぎが十分でない場合は、あごや生え際に洗顔フォームなどが残り、それがニキビを誘因することがあります。洗髪や洗顔の際、すすぎを十分に行なうように心掛けるだけでもあごニキビを抑えられる場合があります。

ページの先頭へ