ニキビケア化粧品の口コミおすすめランキング

ニキビケア化粧品の口コミおすすめランキング

絶対に美肌を手に入れたい人のためのニキビ化粧品総合ガイド

ニキビケア化粧品の総合ランキングはこちら

洗顔石鹸部門 BEST1
薬用VC泡フォーマー
アミノ酸系の洗浄成分でニキビを修復し、肌質も改善するビタミンCと代謝を促進するビタミンA・E、植物由来エキス4種入り。
こちらをクリック
クレンジング部門 BEST1
クレンジングウォーター
100%オイルフリーの、ウォータータイプのメイク落とし。コットンにひたして肌と馴染ませるだけで簡単にメイクが落ちます。
こちらをクリック
化粧水部門 BEST1
VCローション
ニキビを良化させるとともに、肌質を根本から健康な肌へと変える「アダルト・アクネ・アンサー」処方を採用。
こちらをクリック
美容液部門 BEST1
Cセラム
QuSomeを採用したビタミンCで浸透力が高いので、肌の奥の細胞を元気にし、乾燥や肌荒れ知らずの肌をつくりあげてくれます。
こちらをクリック
乳液・クリーム部門 BEST1
VCビタール
皮膚科処方に近い成分を採用しているVCシリーズのクリーム。ニキビや吹き出物のために開発されており、ニキビ痕にも効果大。
こちらをクリック
ニキビケア化粧品の口コミおすすめランキング » 肌質別にみるニキビのできる原因とケア方法

肌質別にみるニキビのできる原因とケア方法

ニキビのケアは、肌質によって異なります。肌質は、次の4つに分けることができます。

ニキビの原因と肌質別ニキビケアを知ろう

  • 普通肌
    油分と水分のバランスがとれた理想的なトラブルのない肌。
  • 脂性肌
    皮脂の分泌が激しくTゾーンを含め顔全体が脂っぽい。
  • 混合肌
    Tゾーンはテカるのに、それ以外は乾燥している。
  • 乾燥肌
    皮脂の分泌が少なく、肌が乾燥している。
  • 敏感肌
    皮膚が弱くトラブルを起こしやすい。

肌を清潔に保ち、古い角質を溜めず、肌のターンオーバー周期を乱さない。これらはニキビをつくらないためにどんな肌質の人にも共通することですが、例えば乾燥肌の人と脂性肌の人とでは、ケア方法が異なる部分もあります。

洗顔は、乾燥肌や敏感肌の人はより優しい成分のものを選ぶべきですし、脂性肌の人は乳液を使用しないほうがいいという意見も多くあるようです。

まずは自分の肌質をしっかりと見極め、自分の肌にピッタリのケア方法を実践するようにしましょう。

ページの先頭へ