ニキビケア化粧品の口コミおすすめランキング

ニキビケア化粧品の口コミおすすめランキング

絶対に美肌を手に入れたい人のためのニキビ化粧品総合ガイド

ニキビケア化粧品の総合ランキングはこちら

洗顔石鹸部門 BEST1
薬用VC泡フォーマー
アミノ酸系の洗浄成分でニキビを修復し、肌質も改善するビタミンCと代謝を促進するビタミンA・E、植物由来エキス4種入り。
こちらをクリック
クレンジング部門 BEST1
クレンジングウォーター
100%オイルフリーの、ウォータータイプのメイク落とし。コットンにひたして肌と馴染ませるだけで簡単にメイクが落ちます。
こちらをクリック
化粧水部門 BEST1
VCローション
ニキビを良化させるとともに、肌質を根本から健康な肌へと変える「アダルト・アクネ・アンサー」処方を採用。
こちらをクリック
美容液部門 BEST1
Cセラム
QuSomeを採用したビタミンCで浸透力が高いので、肌の奥の細胞を元気にし、乾燥や肌荒れ知らずの肌をつくりあげてくれます。
こちらをクリック
乳液・クリーム部門 BEST1
VCビタール
皮膚科処方に近い成分を採用しているVCシリーズのクリーム。ニキビや吹き出物のために開発されており、ニキビ痕にも効果大。
こちらをクリック

乾燥肌

乾燥肌のニキビの原因やそのケア方法について説明していきます

乾燥肌なのにニキビができるのはなぜ?

乾燥肌とは、常に水分の不足した乾燥している肌をいいます。ひどい人になると口のまわりに白い粉をふくケースも。テカることもなく、ニキビには縁がないように思われがちですが、実は乾燥肌でもニキビに悩まされている人はとても多いのです。

乾燥すると皮膚を潤わせるため、皮脂は過剰に分泌します。その皮脂は肌が乾燥していることで毛穴に詰まりやすく、それがニキビの原因となるのです。また、ターンオーバーが正常に行なわれていない場合が多く、古い角質も毛穴につまりがちで、それがニキビになってしまうケースも珍しくありません。

乾燥肌のニキビ対策は潤い重視でOK!

ニキビの原因である皮脂を取り除きたいのは理解できますが、乾燥肌を加速させるようなケアは厳禁です。乾燥すればするほどニキビができてしまうことも考えられます。

乾燥肌の場合でも洗顔は丁寧にしっかりと。そして洗顔後はしっかりと保湿しましょう。乾燥が気になる場合は乳液を薄くつけます。ただし、美容液だけで潤う場合は必要ありません。乳液をたっぷりつけ、美容液まで塗ってしまうと毛穴を詰まらせることがあるので注意が必要です。また、化粧水は肌のビタミンC誘導体などターンオーバーを促進するものや、ビタミンAなど肌を修復するものがベターです。

刺激から守ることも大切

乾燥肌の人は敏感肌の場合も多いので、できる限り肌に刺激を与えないことが大事になります。強くこすったり、汚れた手で顔をさわるのは避けましょう。また、洗顔の際の熱いお湯も刺激になります。冷水も毛穴を閉じさせてしまうので、ぬるま湯がベストです。

ほかの肌質と同じように、紫外線ケアもしっかり行い、規則正しい生活を心がけましょう。睡眠不足や食生活の乱れからターンオーバーの28日周期を乱すのは厳禁です。

乾燥肌・ニキビの改善に役立つスキンケア商品の選び方

  1. 製品タイプをチェック
  2. 乾燥肌を防ぐためには、保湿成分がたっぷり含まれた化粧水を選ぶといいでしょう。肌の乾燥は、ニキビを発生させる大きな原因となります。特に洗顔した後は肌が乾燥しているので、十分な保湿を行なわなければなりません。
    何もケアせずにいると、水分と油分のバランスが崩れ、ニキビなどの肌荒れを引き起こしてしまいます。
    そのような肌トラブルを防ぐためには、「保湿タイプ」と「しっとりタイプ」の化粧水がおすすめです。

  3. 有効成分をチェック
  4. スキンケア商品を選ぶときは、有効成分もしっかり確認するようにしましょう。ニキビに効果的な成分は、ビタミンC誘導体やミネラルオイル、グリチルリチン酸などです。
    ビタミンC誘導体は、ビタミンCに改良を加えて肌への浸透力をアップさせた成分です。壊れやすくなかなか肌に定着しなかったビタミンCをしっかり肌に浸透させることで、ニキビの炎症を抑えてくれる効果があります。
    また、保湿剤の一種で高い保湿力があるミネラルオイル、甘草の根元部分から摂取された成分を使った炎症作用のあるグリチルリチン酸なども、ニキビに効果的だと言われています。

  5. 避けるべき成分をチェック
  6. ニキビ肌のスキンケアを行なう際に避けたい成分は、サリチル酸、硫黄、アルコールなどです。サリチル酸はピーリング効果のある成分で、肌に強い刺激を与えてしまい、乾燥肌を招いてしまう可能性があります。
    また、硫黄は殺菌作用や角質柔軟作用などがあるためニキビに効果的ですが、必要以上に皮脂を取り除いてしまいます。そのほか、アルコールも肌を乾燥させる作用があり、ニキビの炎症を悪化させるトラブルを引き起こす可能性があります。
    乾燥肌はニキビの大敵となる症状ですので、これらの成分は避けるようにしましょう。

ニキビ・乾燥肌~スキンケアの効果はどのぐらいで実感できる?~

スキンケア商品を使用して、きちんとニキビ改善効果が発揮できるまでだいたい1か月分の商品を使い切るくらいを目途に見ておいたほうがいいでしょう。

肌のターンオーバーが完了しないと、ニキビを綺麗に改善することができません。その周期はだいたい28日だと言われており、約1か月間はスキンケアを続けることが大事なのです。

使用し始めて特に症状がひどくならなければ、とりあえず使い切ってみましょう。基礎化粧品を使う際は、使用直後に感じられる効果、使用を続けることで実感する効果、心理的な効果の3つから変化を観察することです。

その上で効果があまり感じられない場合は、別の商品を使用してみるといいです。乾燥肌が原因でできるニキビは、改善するまでにある程度時間がかかることを覚えておきましょう。

ページの先頭へ