ニキビケア化粧品の口コミおすすめランキング

ニキビケア化粧品の口コミおすすめランキング

絶対に美肌を手に入れたい人のためのニキビ化粧品総合ガイド

ニキビケア化粧品の総合ランキングはこちら

洗顔石鹸部門 BEST1
薬用VC泡フォーマー
アミノ酸系の洗浄成分でニキビを修復し、肌質も改善するビタミンCと代謝を促進するビタミンA・E、植物由来エキス4種入り。
こちらをクリック
クレンジング部門 BEST1
クレンジングウォーター
100%オイルフリーの、ウォータータイプのメイク落とし。コットンにひたして肌と馴染ませるだけで簡単にメイクが落ちます。
こちらをクリック
化粧水部門 BEST1
VCローション
ニキビを良化させるとともに、肌質を根本から健康な肌へと変える「アダルト・アクネ・アンサー」処方を採用。
こちらをクリック
美容液部門 BEST1
Cセラム
QuSomeを採用したビタミンCで浸透力が高いので、肌の奥の細胞を元気にし、乾燥や肌荒れ知らずの肌をつくりあげてくれます。
こちらをクリック
乳液・クリーム部門 BEST1
VCビタール
皮膚科処方に近い成分を採用しているVCシリーズのクリーム。ニキビや吹き出物のために開発されており、ニキビ痕にも効果大。
こちらをクリック

脂性肌

脂性肌タイプの人のニキビの原因やそのケア方法を紹介します。

脂性肌のニキビの原因は?

皮脂の分泌が多く、全体的に肌がテカっていることが多い人はこのタイプに当てはまるでしょう。

10~20代の若い人に多いタイプですが、大人でこのタイプに当てはまる場合は、もともとの体質もありますが、煙草を吸う、生活が不規則、男性ホルモンが多い、新陳代謝の悪いなどの原因で脂性肌になることがあります。脂性肌はニキビになりやすい肌といえるので、ニキビケアとともに、皮脂を抑えるようなケアが必要になります。

脂性肌のニキビの原因は、皮脂が多く肌が汚れやすかったり、毛穴が詰まりやすいことなどです。皮脂を抑えるために洗顔をしすぎて肌に刺激を与えたり、乾燥を招いてニキビができてしまうこともあります。

改善方法、第一は正しい洗顔

脂性肌の人は、まずは皮脂や汚れ、角質などで毛穴を詰まらせないことが大切です。朝晩の洗顔はとても大切になります。

普通肌の人などに比べ、洗浄力の高い洗顔フォームや石けんを使用する人もいます。問題はありませんが、洗い過ぎは禁物。ゴシゴシとこすったり、回数を多くすると肌を痛めたり乾燥を招きます。とくにニキビのある部分は優しく洗い流すようにしましょう。

もし洗浄力の高い洗顔を使用した場合は、化粧水をただちにつけるのがコツです。肌は乾燥すると皮脂を過剰に出す性質があるので、乾燥させないことが重要です。

できればビタミンC誘導体など皮膚を再生する成分が入ったローションがオススメ。また、油分の少ないものを選ぶといいでしょう。

ローションや乳液の使い方

乾燥はどんな肌質の人でも大敵なので、洗顔後はローションでしっかり保湿してください。乳液はとくに使用せず、潤いを与える美容液などを薄くつけるだけで十分な場合もあります。化粧水や美容液はターンオーバーを促進するビタミンC誘導体が含有されたものや、殺菌成分角質除去成分の入ったニキビケア専門のスキンケア製品を使用することが大切です。

紫外線は皮脂を厚くしてしまうので、紫外線ケアを徹底すること、食生活や生活習慣に注意をすることも重要です。できるだけコンシーラーは使用せず、成分の優しいファンデーション、パウダーを使用するようにしましょう。

ページの先頭へ